ストレスで起こる3つの抜け毛メカニズム

「ストレスが抜け毛の原因になってると思うよ」と知り合いの美容師に言われた旦那。『ストレスが抜け毛にどう関係するの?』そこを知ってないと、対策ができなかったので、しっかりと調べました。

 

 

ストレスを受けると血管が縮むー!!

 

ストレスを受けると、私たちの血管は収縮して、体を防衛しようとする機能が備わっています。なぜなら、ストレスを受けたときに、心臓などの生命にかかわる器官にはしっかりと血液を送って命を守ろうとするため、他の部分への血流を少なくして心臓に返そうとするからですね。

 

その時に、毛根に栄養を送っていた毛細血管も収縮して血流がストップするので、血液循環不足による栄養失調状態から毛が生えない&今ある毛が抜けていくという状態が発生しやすくなるというわけです。

スポンサードリンク

ストレスで亜鉛の吸収が悪くなる!

 

亜鉛は下記でご紹介するDHTを抑制する栄養素として非常に重要です。DHTは抜け毛の原因ですからね。さらに、亜鉛不足で毛を育てる栄養が作られない…。

 

ところが、ストレスによって、亜鉛が大量に消費されてしまうため、亜鉛不足になりがち。他にも激しい運動での疲労や飲酒の際に亜鉛が大量消費されます。

 

 

ストレスを受けると女性ホルモン分泌がさらに低下

 

 

男性の中にも女性ホルモンは分泌されていて、頭の毛の状態を保っているのは「女性ホルモン」の働きだと言われていますよね?

 

全身の髭や腕・足の毛などは男性ホルモンの影響です。

 

その女性ホルモンは、「ストレス」に非常に弱く、男性の中でも女性ホルモンの分泌が低下。すると、さらなる抜け毛が進行してしまうというわけなんですね…。「男性ホルモン」の強力な作用が頭にまで及びますから。

 

その男性ホルモンの強力な作用を及ぼしているホルモンが「DHT ジヒドロテストステロン」です。

 

ジヒドロテストステロンは、男性型脱毛症の原因とも言われていますが、これが旦那の薄毛を進行させているんだ!!これを阻止すれば、薄毛の進行は止められるんじゃないか?!とさらに「DHTジヒドロテストステロン」についても調べました⇒

スポンサードリンク

関連ページ

抜け毛の原因とは?まとめ
旦那の抜け毛の原因はなに?育毛奮闘記のやす子です。旦那(やす男)の薄毛・抜け毛を復活させるために、試したこと・必要だと感じたこと、失敗したこと、アドバイスをもらったことなどをつづっています。毛が生える!復活するというゴールを目指して日々奮闘中!私たちの戦いがあなたのお役に立てれば幸いです。
5-αリダクターゼと男性ホルモン抑制
抜け毛防止に男性ホルモン抑制が必要か?育毛奮闘記のやす子です。旦那(やす男)の薄毛・抜け毛を復活させるために、試したこと・必要だと感じたこと、失敗したこと、アドバイスをもらったことなどをつづっています。毛が生える!復活するというゴールを目指して日々奮闘中!私たちの戦いがあなたのお役に立てれば幸いです。