抜け毛の原因は男性ホルモンが強すぎると聞くけど実際は?

抜け毛の原因を作っているのが「ジヒドロテストステロンDHT」

 

「ジヒドロテストステロンDHT」は、男性ホルモンの中でも非常に強力な作用を及ぼす男性ホルモンです。

 

女性ホルモンに(エストロゲン、エストリオール、プロゲステロン…)など色々な種類があるように、男性ホルモンにも、アンドロステンジオン、テストステロン、ジヒドロテストステロンなど種類があるのです。

スポンサードリンク

DHTジヒドロテストステロンが抜け毛の進行の原因に?!

男性ホルモンの中で一番強力な作用をするDHT。これが抜け毛を進行させている元!

 

抜け毛が進行している男性の中で、このジヒドロテストステロンが増えている可能性があるということです。

 

 

DHTの増え方を知って早めに予防を!

 

ジヒドロテストステロンDHTは、体内で作られます。
5−αリダクターゼ(還元酵素)とテストステロンが体内で結びつくと、強力なDHTジヒドロテストステロンが出来上がるわけです。

 

 

このDHTがなぜ抜け毛に関係するのか?

 

DHTは「皮脂」を増やします。
皮脂は毛乳頭に栄養が浸透するのをブロックしてしまうので、毛根にちゃんと栄養が届かず、毛が育たない状況を作り出してしまうのです。

 

体の中に栄養がちゃんとあるのに、DHTジヒドロテストステロンのせいで、ちゃんと毛根に栄養が行かないという歯がゆい状態が作り出されているのです。。。もったいない。

 

 

だから、DHTが多いと抜け毛が増えやすくなるというわけです。

 

でも、このDHTジヒドロテストステロンを抑制することさえできれば、DHTが関係している薄毛の原因には対策が打てるということです。つまり、男性型脱毛症の対策。ストレスで薄毛になっている場合の対策には効果がどれほどあるかわかりませんが、少なくとも、薄毛やハゲの原因の多くは男性型脱毛症であることも事実だろうし…。

 

DHTジヒドロテストステロンがたくさん作られなくするためには、何をどうすればいいのか?⇒

スポンサードリンク

関連ページ

抜け毛の原因とは?まとめ
旦那の抜け毛の原因はなに?育毛奮闘記のやす子です。旦那(やす男)の薄毛・抜け毛を復活させるために、試したこと・必要だと感じたこと、失敗したこと、アドバイスをもらったことなどをつづっています。毛が生える!復活するというゴールを目指して日々奮闘中!私たちの戦いがあなたのお役に立てれば幸いです。
ストレスと抜け毛のメカニズムB
ストレスでの抜け毛のメカニズム。育毛奮闘記のやす子です。旦那(やす男)の薄毛・抜け毛を復活させるために、試したこと・必要だと感じたこと、失敗したこと、アドバイスをもらったことなどをつづっています。毛が生える!復活するというゴールを目指して日々奮闘中!私たちの戦いがあなたのお役に立てれば幸いです。